fc2ブログ

記事一覧

小宇宙

一昨日は久しぶりにまともに文章を書いたような気がする。
相変わらずの駄文には変わりないけれど。
やっぱり時には真面目に書く、というかせめて書こうと意識しないと
文章も上達しない。
とは言え、丁寧に書こうとするとやっぱり平日はなかなか時間がなくて難しいなあ。
















スティーヴの内から出てくるメロディーも美しいけれど
そこにのせる歌詞にも共感させられる。
豊富なボキャブラリーはにわかに身につくものではないだろう。
ジョナサンやニールと一緒に曲作りをしていて
インスピレーションを受けることもあるのかもしれないけれど




link


スティーヴの頭の中は小宇宙。
どんな世界が広がっているのだろう。



Winds Of March

もしかしたら、これまでに選んだ曲からその傾向はご想像がつくかもしれないが
私はバラード系が好き。







スティーヴの歌唱力は当初から伸びやかなハイトーンが評価されてきたけれど
もちろんそれだけではない。
ブレスしたあとあらためて低い音から出る時の声だって太くて聴かせるものがある。
こういう発声の安定感を持っていることが本当に歌の上手い人と言えるのかもしれない。




それはともかく、この曲

なぜ後半セッションになるのだろう?
その後はまたサビの部分が入って、最後はイントロの時と同じ曲調に戻って終わる。
スティーヴが加入するまでセッション中心のバンドたったことを考えれば
こういう曲の構成もありかもしれない。
うん、別にね、時にはセッションがあってもいいと思うんだけれど

なぜこの曲で?








これはもちろん私の100%個人的な意見である。
セッションも含めてこの曲が好きという人もいるだろう。
こういう曲調だからこそジャーニーとしてあえて後半セッションを入れたのかもしれないし
それが理解できないのはこの頃のジャーニーを私が理解できていないからだと
言う人もいるかもしれない。
そういう批判を受け入れることにやぶさかではないが


ごめんなさい。
私はこの曲を聴く時はいつもセッションが始まる前で止めている。
あくまでシリアスな雰囲気のまま曲を終わってほしいので。








link








ちなみに上の動画はこの曲で一番好きなバージョン。
最後まで全部聴いたのは最初の一回だけだけど(笑)。
スティーヴの細かい部分まで神経の行き届いた表現力が素晴らしい。



こぶしをぐいっと

link




これはおそらく「LTS」を歌っているところだと思う。
たぶんね、最後の

かうず ひず らーびん たーっちん
あなーざーーーっ

のあたり。
(「今度はキミが泣く番さ」の手前)




じゃあ
















link




これは何を歌っている時だろう?
演歌のようにこぶしを突き出すような曲って何があったっけ?
これも「LTS」かな?


動画で似たようなポーズを観た気もするんだけど思い出せない。
どなたかわかったら教えてくらさい。



この場所

ごめんなさい。
今日も早めに休ませていただきますです。m(_ _)m
















link
どうしてそんなにカッコいいの




link
どうしてそんなにかわいいの




Gerryさんも
スティーヴも
くだらない文章を繰り返し書いているだけのこの場所も
そんなこの場所に訪れてくださる方々も
私の心の拠りどころとなっている。

みんなありがとう。




おやすみなさい。



昨日、また独りよがりにあんなことを書いたためか
ゆうべの夢にスティーヴが出てきた。




スティーヴがTV番組でよく使われるようなフリップを手に持っている。
そこに新譜の発売日と日本でのライヴ日程(!)が書かれているのだが
勿体つけてなかなか見せてくれない。
ちらりと見せたかと思うとすぐに隠してしまう。


み、見えない(汗)

見えなーーーいっ!!!(><)


と、じたばたしているうちに目が醒めてしまった。
初めて見たスティーヴの夢は何ともタイムリーな内容で(笑)。
でもホントなのよ。
場所は日本武道館て書いてあって。
なぜかこれだけ見えた
















link
















以前にも書いたように、新しいアルバムを私はじっと静かに待つ。
もしスティーヴが知って焦りや困惑を感じさせてしまうようなことは
言いたくないし、したくない。
もちろんそんな可能性は万に一つもあり得なくても。

無風の水面がかすかに揺れて小さな波が広がり
やがて湧き出るように
それは生まれるのだと思う。


その苦しみはスティーヴ以外の人間には誰も想像もできないことだけれど。



知りたくなかった

先日スティーヴに関することをネット上で目にした。
今週ずっと心のどこかでそれを引きずっていた。
引きずる、というよりショックというほうが正直なところかもしれない。
(ごめんなさい3月13日の続きみたいなものです)

自分のことのように受け止めてしまう自分がすごく大袈裟で馬鹿みたいに思える。
でもやっぱりショックだった。
知らなければよかった。
落ち込んでしまった。


もちろん私の受けたショックなんかより
スティーヴ自身が大きく傷ついただろうけれど。




あ、誹謗中傷の類いではないですよ?
特に新しい情報というわけでもないし。
たぶん私が知るのが遅かっただけ
































スティーヴが
どんなに苦しい思いをしたのか
どんなに哀しい思いをしたのか


link


それを思うとあまりにも切なくて泣きそうになる。



ボクいくつ?

link
いちゅつ♪


「天真爛漫」とおデコに書いてあるような表情。
頭をなでたくなる。








ステージを降りたら無邪気ではいられないこともたくさんあっただろうけれど

何だかね
目が離せなくてね。



みなさんも風邪ひかないで

昨日、会議であっちの(本来の)ボスと一か月ぶりに顔を合わせた。

「おっ、だいぶ声がまともになってきたね。風邪なおった?」
と聞かれる。
先週ハナ声で電話していたので、風邪をひいていたのは知っているのだ。
少しは部下を心配してくれているのかと思ったら
「やーよかったよ。こっちも代わりに行ける人いないからさ」
(そっちの心配かいっ)

ま、ボスなんてそんなもん。
















link


スティーヴ、あなたも気をつけてね?
ライヴで汗をかいたあとは体を冷やさないようにね?
薄着でいると風邪をひきますよ?
シャツはちゃんと前をしめなさいよ?




最後のひと言は反対意見が出そうだな(爆)。



私はどうしたいのか

私はスティーヴに関することもGerryさんに関することも
それほど積極的に検索しないほうだと自分では思っている。
もちろん好きな人のことならどんな些細なことでも知りたい。
誰もがそう思うだろうし、基本的には私も思う。
興味のない人からすれば、そんなこと知ってどうすると言われようとも
知ったからといって何がどうなるわけではないけれども。


検索して出てきた結果について
その情報の信憑性や価値についての是非は
人によって異なるだろうが




時として
知らずにいるほうがよいこともある。
















link
















相変わらず私はボキャブラリーも乏しいし文章も下手なので
何が何だか支離滅裂かもしれないけれど(笑)


じゃあ
知って
今私はどうしたいのかと考えると








言葉が見つからなければ無理に発することはない。
やっぱり

無言で隣に座っていたい。
















link

今一番愛おしいと思うのはこの写真のスティーヴ。



クセ

ねえねえスティーヴ、もしかして
鼻をこするのはクセ?
他の写真か動画でも見たような気がするんだけど。


link




緊張をほぐしているのか
高めようとしているのか
手持無沙汰なのか
虫がとまったのか
















実は有森さんも時々する。( ̄m ̄*)
リサイタルで弾き始める前に鼻のあたりに手をやるの。
有森さんの場合、神経を集中させようとしている時に出るような気がするけど。




実は実は
私もたまにしてしまうことがあって。(^^;;;
レッスンの時とか、家で練習していて通して弾く時とか。
弾き始めた瞬間、指がかすかに脂っぽくなっていて気付くというパターン。

私の場合は全くの無意識だけど。
スティーヴを再び聴くようになって動画とか写真を見て自覚したから。




日本にはね、なくて七癖ということわざもあるのよ。
知ってる?
あと、人のフリ見てわがフリ直せとか(笑)。


link
してしてー♪




いいよなあ。
スティーヴは鼻高くて。
どんだけこすっても減らなさそう(爆)。



Profile

misha

Author:misha
Gerard Butlerが好き
Steve Perryが好き
彼らの生き様に触れ己れを振り返り
ピアノを弾く私

好きなこと 読んだり聴いたり、それと猫
苦手なこと 予定調和的なこと

Calendar

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter