fc2ブログ

記事一覧

今年のおおつごもり

やっと今日からお休み。
休日1日目。
もう大晦日。
















link








先にご挨拶いただいた方々も含め
今年ここへ来てくださったみなさん
一年間つまらない独り言におつきあいいただき、本当にありがとうございました。
みなさんのおかげでとても楽しい、よい一年でした。
ブログは自己顕示欲の強い人間のわがままな独り言、そう思っています。
とにかくマイペースな私。
読んでくださる方もマイペースでいいんです。
何ものにも縛られず、また何ものも縛らず
お互い肩の力を抜いて
お好きな時にお好きなように。
私もそうしているので。




Gerryさんにも
スティーヴにも
みなさんにも
素敵な一年がやってきますように。


よい年をお迎えくださいませ。








link
















ご挨拶もすませたので
これから某アーティストのカウントダウンコンサートへ出かけます。
今年は母も一緒。
一昨年に行ったという話をしたら
「アタシも行きたいっ!!」と駄々をこねるので(爆)。

一緒に行くのはいいけど
かーさん、家に帰ってくるまで寝ないでねw


ではでは行ってきまーす♪
























link
Thanks!


スティーヴへ。
ありがとう。
大好き。



まだ納まりません

この構図だと誰かさんの頭がスティーヴの倍くらいに膨らんで見える。

スティーヴ、後ろからおがくずでも詰め込んだれ。
つばめが飛んでくるかもしれん。
















link
え?どれ?


スティーヴはエンジェルリング(死語)。
ドーナツぢゃないよ




毎年この時期になるとウチの会社に入ったことを後悔する。
何が哀しくて12月30日まで働かなくちゃならないんだ?




私には16分音符を

あっ!




ねえねえ、もしかしてそれサンタさんからもらったプレゼント?
おととい靴下に入ってたの?
























link
食べるっ!(スティーヴを)


いいなあ(よだれじゅるっ)。
8分音符のチョコいいなあ(じゅるじゅるっ)。
アタシもプレゼントそれがよかったなあ。








おとといのプレゼントは返さないけど。



サンタさんは

昨日一緒に載せようかと思ったけど使わなかったショット。








link
きすみーぷりーず♪


やっぱりGerryさんからもね。
うふふ♪




Gerryさんはどんなクリスマスを過ごしたのだろう。
今までいろいろな女性とのツーショットを撮られているけど
誰ともそれ以上に親しくなったという噂も聞かない。
それでいいけど(爆)。

サンタさんはGerryさんのところへも行ったのかな?
Gerryさんはママにメリークリスマスの電話とかしたのかな?
昨日もママお手製のジャムを食べたのかな?








スティーヴはもうママのバナナケーキは食べられない。
まるごとバナナでよければ買ってあげるよ?




グランドマザーの用意したご馳走とか思い出とか
そういうものがなくなって今でも寂しいと以前言っていたみたい。
























link


サンタさんはちゃんとスティーヴのところへも行ったのかしら。
枕元の靴下には何を入れてあげたのだろう。



クリスマスプレゼント

何はともあれ(笑)
クリスマスです
















link
(〃∇〃)
















ケーキより甘いプレゼントを私に


link
(〃∇〃)(〃∇〃)




明日からまた頑張る
うん



12月24日もレッスンへ行ってそして

301回目の更新ですが
何はともあれクリスマスイヴなので

スティーヴに二度落ちしてからの12月24日は
やっぱりこれを聴かないと。



























本日、今年最後のピアノのレッスンだった。
練習不足だったのが最初の音で思いっきりバレた。( ̄∇ ̄;)
あきれながらもちゃんと見てくださるセンセにはいつも感謝。
お正月は弾きこもって真面目に練習します(いつも口だけ)。

しかし
こんな日でもほいほい行ってしまうなんて
センセにはよほどのヒマ人と思われているに違いない(爆)。
















link


私もちゃんと自分を表現できるようになりたい。
スティーヴのように。



300

本日、更新300回を迎えました。
























さあみなさんご一緒に!
















link


This is すぱーーるたぁーーー!!!(* ̄0 ̄*)/








m(_ _)m

これが書きたくてここまで頑張りました(爆)。
















link
















「Tuesday Heartache」はスティーヴのソロで2番目に好きな曲。
実は1番は別にあるんです(笑)。
ブログのタイトルを決めた時のことは前にも書いたけれど
このブログの実態を思えば1番の曲名も相応かもしれないな。


きっとこれからも、誰の目も耳も気にすることなく
好きなことを書いていくと思います。
ここは私にとって自分のための場所なので。

それでも








人気ブログに比べたら何の話題性も面白味も価値もないけれど
読んでくださった方が帰る時に
どこかひとつでも記憶の片隅にほんの少し残るといいなと
今では思っています。
























link




ありがとうございます。



準備OK?

あ、こら
遊んでないで
















link
「The Bounty Hunter」の未公開シーン?


用意はできたの?



あなたを思いやる夜

先日レッスンへ行った時、センセから
発表会の時の録画をコピーしたブルーレイをいただいた。
しばらく放置していたのだが
だってヤじゃん自分のなんて
昨日ようやく意を決して観ようとしたら
再生できなかった。




ヘ(゜◇、゜)ノ~




膝の力が抜けた。orz
がっかりするやらほっとするやら。


他のブルーレイディスクも読み込まないのはやっぱりデッキの問題ですかね。
買い替え時かな。
でも今買うのはクリスマス商戦で値段が高そう。
















link
















一昨日のアンコール曲。


グレン・グールドです


病状が進行していくシューマンをなお愛するクララと
時にそのクララの相談相手となり彼女を支えたブラームス。
ブラームスの気持ちをいろいろと想像しながらこの曲を聴くのは
ちょっと切ない。

この曲はやっぱりグールドのが一番好きかな。
これまでに一体どれだけのピアニストがブラームスを思いやって
この曲を弾いてきたのだろう。
















link








金曜日無理に会社を早く出たので明日はたぶん忙しい。
ピアノを弾く時間あるかな。



混迷と不安の森

昨日、早く会社を出られたのはよかったが
新宿の京王線ホームで思いがけずプチ迷子になってしまった。( ̄∇ ̄;)
間に合わないんじゃないかと一瞬焦りましたわ。




12月16日(金)、ゲルハルト・オピッツ
シューマン×ブラームス連続演奏会第2回。

《プログラム》
シューマン:森の情景 Op.82
シューマン:ソナタ第1番 Op.11
ブラームス:3つの間奏曲 Op.117
ブラームス:ソナタ第1番 Op.1




「森の情景」が作曲されたのは1849年。
初期の頃のエネルギッシュで若々しい曲想とは変わって内省的な曲である。
シューマンがすでに精神障害を発症し苦しんでいた時期の作品。
神経や感覚が常人より研ぎ澄まされすぎてしまったがゆえに
幻聴やさまざまな恐怖におびえるようになっていったのだろう。
静かに、しかし確実に悪化していく病状を感じながら
自分の中でかすかに見えてくる森を描いたのかもしれない。

オピッツの演奏を聴きながらそんなことを考えていた。
霞がかった音に乗ってメロディーが浮かび上がるように聴こえてくる。
シューマンが自分の中に見た森をオピッツは音で視覚的に表していった。
音で視覚的に・・・って何だか矛盾した言い方だけど
あえて言えばそういう感じがしたんですよホントに。(^^;

ソナタ1番はね、うーん、私なんぞが評論ぶったことを書くのはおこがましいけれど
この演奏はちょっと好き嫌いが分かれるかも。
昨年の幻想曲の時もドライな印象だったが、何だか淡々と曲がすすんでいく。
個人的にはもっとドラマティックな第一楽章を予想していたんだけど
・・・・・・オピッツはこの曲あんまり好きじゃないのかな?
しっとりとした「森の情景」を聴いた後だっただけに、余計にそう思ってしまった。


そのせいか(?)
後半のブラームスを聴いた時は何となくほっとした。
おそらくオピッツ自身こちらのほうを得意としているのではないだろうか。
ブラームスは安心して聴いていられる。

アンコールはブラームスのOp.118-2。
この曲を好きな人って結構多いと思う。
ブラームスの後期の小品の中でも特別に優しくて深い曲。




今回のプログラムは、シューマンもブラームスも
後期の小品を先に弾いて、その後初期を弾くというパターン。
大曲をあとに持ってくるのは決してめずらしいことではないが
それ以上に意味があるような気がしたのは私だけではないと思う。
精神障害からやがて自殺未遂を起こすシューマンと
若い頃のクララへの切ない思慕を懐かしむブラームスの
各々の根幹へ遡る時間だった。
















link
ふんっ




次からはやっぱり南口で一度JRの改札を出ようと心に決めました(笑)。



Profile

misha

Author:misha
Gerard Butlerが好き
Steve Perryが好き
彼らの生き様に触れ己れを振り返り
ピアノを弾く私

好きなこと 読んだり聴いたり、それと猫
苦手なこと 予定調和的なこと

Calendar

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter