fc2ブログ

記事一覧

Wanted    ぱーと2

スティーヴ、この間はお留守番ありがとね。
また来てね。
今日ピアノの調律をして弦も直してもらったからさ。
甘いものも買っといたげる。








link








ところでユキチの姿が見当たらないんですけど(涙
2人ほど



自分の品位

ハービー・ハーバートに拾われて
ジャーニーに加入したのはいいけれど
夢と現実はもちろん相容れなくて

見た目はちょっとした段差かもしれないけれど
実際に足を踏み出してみれば雲を一所懸命飲み込んでも
ちっとも感触がつかめなくて

ビジネスという合理的な言葉に自分が飲み込まれないようにするのが
精一杯だったのかもしれない
















link




自分を上手くあやす能力も必要
スティーヴも私もあまり上手とは言えないのかもしれないけれど



Wanted Dead Or Alive

スティーヴ&ジャーニーを知って
本格的に聴くようになったのは1984~5年の頃から。
スティーヴ見たさにMTVその他洋楽番組を毎週チェックしていた。
なので、基本的に無知には変わりないけれど
同時期の洋楽のヒット曲はほんの少し知っている。
その中の一曲。











てっきりジャーニーの「Dead Or Alive」と同タイトルだとばかり思っていたけれど
正確には「Wanted Dead Or Alive」でしたね。

ボン・ジョヴィでこの頃最もヒットしたのは
「You Give Love A Bad Name」か「Livin' On A Prayer」だと思うけれど
私のなかではこれが一番印象に残っている。
上記2曲の次にこういう曲を聴くと
ああ実力勝負に出たな、なんて上から目線で(笑)思う。
いや、いい曲だと思いますよ実際。
















link
Wanted dead or alive blood for
















西部劇にありそうな「WANTED」という貼り紙。
写真の下に賞金額が書いてあったりするけれど
数字のかわりに「DEAD OR ALIVE」となっている時は

『生死を問わないおたずね者』

要するにどんな状態でもいいから捕まえろという
最も罪の重い極悪犯を意味するのだそう。


・・・・・・と某番組で小林克也サンが仰っていたのを聞き
なるほどねと思った。
そういうエピソードも含めてしっかり記憶に刻まれた一曲である。
試験に出るかもしれない、なんて思ったりもして。
(出なかったけど)
















link
だってボン・ジョヴィの写真持ってないし




ジョン・ボン・ジョヴィはデビュー当初から
スティーヴを尊敬していたもんね。

スティーヴがサム・クックを尊敬し
そんなスティーヴを尊敬するアーティストが出現し
ヴォーカルスタイルが受け継がれていく。
音楽の歴史のほんの小さなスペースかもしれないけれど
スティーヴ・ペリーというシンガーの存在は刻まれていく。



隣は何をする人ぞ

あのー・・・・・・




グレッグは何をしたいのか
誰か教えてください。
























link


エインズレーはちょっとあきれたような顔してるし
ニールはお隣には無関心だし
ロスは唯一おすまししてるし

スティーヴは猫のように小首をかしげて不思議そうに見てる。
猫を飼ったことのある人なら経験あるのでは








たったこれだけ書くのにどこからどう突っ込もうかと
本当に10分くらい眺めて悩みましたわ。 おバカ



時間とともに変化

ちょっとちょっと、そんな短いシャツだとお腹冷えますよ。
思わずスソを引っ張りたくなるじゃないの。
















link
サービスいいね(¬_¬)


この写真もう持ってると思ったけどよく見たらなかったので
今日保存した。 ほやほや
mishaのお宝箱をひっくり返して確認しましたよ(笑)。

別にめずらしくもなんともない一枚なんですけどね。
その時はぴぴぴ♪と来なくてもあとから見ると
ぱららぱっかぱーん♪
となることもあるから不思議だ。(^^;)



お互い出不精

みなさんのところは台風は大丈夫でしたか?
被害はありませんでしたか?

東京は思ったほど雨は降らなかった。
あんまり台風の視線を感じなかったわー。
目は本当にあったのかしら


今日は暑くなりそう。
何はともあれ雨も上がってよかった。
雨がやまなかったら
今日お出かけの予定がなかったら
三連休ずっと弾きこもっていたかもしれない。
















本日はこちらのスティーヴにお留守番を依頼。




link
スティーヴも休日は一歩も外に出ないんでしょ?


曲作りでもしててね。
アタシのくじらさん弾いていいよ。
弦1本切れてるけど。
あ、それから
新興宗教の勧誘が来ても玄関のドアを開けてはいけませんよ。



ちょっと目を離すとこれだ

( ̄_ ̄;)








(こほん)


あー・・・・・・っと
キミはどこのゆるキャラかね?
























link
なにこのかわいすぎるツーショット



ぴぴぴっ!
ぴーーーっ!!!

と笛をならしてみる




警告!
そこっ!
離れなさいっ!!!( ̄へ ̄)



この世はきりんだらけ

もちろんスティーヴの耳に入るなんてあり得ないとはわかっているけれど
もしスティーヴが知って焦りを感じたり不快に思ったりするようなことは
言いたくない。
このスタンスは基本的に変わらない。


とはいえ
思わずつぶやきたくなる。
















出ませんねえ。
新譜。








link

いやまったく、じらしてくれますな。











これだからシロウトは

私のLINEのプロフィール背景の画像は
コレにしているのだが
















link
















最近、友だちに自動追加された会社のおぢさんから
「写真は誰なんですか?」
ときたので


「いまかれ♪」


と返信しといた。








その後連絡なし。


以上。



3度なんて

ごめんなさいスティーヴネタではないです。








動画サイトを観ていると横っちょに出た類似動画に目がとまり
何となく「次はこれ」と観てしまう。
私は勝手にこれを動画サーフィンと呼んでいるのだが


今日の動画サーフィンで引っかかったもの。









こういうのを編集してアップしたり
最初から最後まで腰を据えて聴いたりするのは
まさに今この曲と格闘しているピアノ弾きか
純粋にこの曲が好きというかなりの物好きくらいだと思う。
てか、この曲が好きな人なんているのだろうか(苦笑)。


興味本位で聴いてみたが
4番目のマレイ・ペライア(5分22秒から)の演奏が好きかな。
単なる練習曲にとどまらずドラマティックな弾き方で。

全体的にペダルが浅い。
速いテンポであればこそペダルの効果も大きいと思うけれど
ペライアは十分なテンポでありながら
ペダルに頼っていないような印象を受ける。
3度の粒を際立たせたうえで左手が余裕を持ってフレーズを歌う。
ふんわりとファンタジックにまとめるだけがショパンではない。
フランソワとは別の方向でちょっと目から鱗かも。
















link
ごめんねー




この曲が好きでもないのに結局全部聴いた私は
本当のただの物好きってことで。(^^;



Profile

misha

Author:misha
Gerard Butlerが好き
Steve Perryが好き
彼らの生き様に触れ己れを振り返り
ピアノを弾く私

好きなこと 読んだり聴いたり、それと猫
苦手なこと 予定調和的なこと

Calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter