fc2ブログ

記事一覧

そのへん抜かりなく

関東は梅雨が明けてしまった。
てか梅雨なんてあったのか?
ろくに雨が降らなかったけどこの夏大丈夫なのかしら。
















link


スティーヴ、この時期炎天下にお肌をさらすと
トシ取ってからシミができちゃいますよ。
ちゃんと日焼け止めクリーム塗ってる?
















link


塗ってたらしい。
シミ見当たらず。
69歳にしてお肌つやつや(嫉








今日ピアノのおけーこに行って
明日は会社に行く。
今週は休みがない。



5人で

こっちの動画には本物のプードルが出演しています。
しかもスティーヴより写っている時間が長いし。
結局またいぢってる







ライヴ本番前の緊張をほぐしながら
同時に緊張を高める時。
こういうところがグループの良さ。
楽しいことも5人で分かち合い
緊張も5人で分かち合う。
















link


常にメンバーと距離を置いていたと言われていたスティーヴだけど
大切なことはちゃんとわかっていたと思いますよ。



沁み入る曲

そのリサイタルのアンコールで演奏された曲。
大好きな曲なので嬉しかった。









この動画、真上からのアングルもあって指の動きの勉強になる。
時々プードルアタマが邪魔するけどね(笑)。
この曲の美しさはアンドラーシュ・シフが一番と思っていたけれど
聴いてみたらこの人のも良かった。
静かな中に熱いものを持っている。
溢れんばかりに。
















link


昼間、現実世界にあったあんなこともこんなこともそっと遠ざけて
夜を特別な時間にしてくれる。



現在の私に

先日、忙しい中とあるピアニストの演奏会に行った。




ムーニーちゃんになる前、当時所属した部署でのほほんと毎日を過ごしていた頃は
会社帰りにあちこちの演奏会を聴きに行っていた。
こんな言い方は失礼かもしれないが
無名のピアニストが貯金をはたいて開く自主リサイタルなんて
毎日どこかしらで行われている。
仕事の合間にネットで検索して好みのプログラムを見つけたら
17時にベルサッサ(死語)して直行し、入口で当日券を買い求めた。
連日出かけたこともある。


こういうピアニスト達の多くは
どんなに頑張っても所詮自己満足と言われるだけかもしれない。
でも、その場でしか聴けない音がある。
そういうものを求めて聴きに行っていたのに
忙しくなっていつの間にか遠ざかってしまった。
















link








そういうのを今回の演奏会で久しぶりに思い出した。
最近、何でも忙しいことを理由にしているなあ。
会社員として組織に属していると
仕事の内容や立場に生活環境も左右されるけれど
手放したくないものもある。


そんなことをつらつらと思いながら弾きこもった日曜日。



時間食い

午後からちょびっと休日出勤してきた。
邪魔するおぢさんがいないので仕事は捗るけれど
時間がすぎるのもとてつもなく早い。

最近どうも私の周りは1日が20時間周期のような気がしてならない。
あとの4時間はどこへ行っちゃったんでしょうね。
その4時間があればブログを書くんだけど。
ホントかよ
















link
もう寝ていいっすか


いや・・・・・・今は睡眠を選ぶかな。



取るか取らないか

先週タカミユさんがコメント欄に載せてくださった動画について。





そもそもこの動画を制作した「Modern Trend Life」って
アメリカのマスメディア?なんですかね。
音楽業界だけでもスティーヴの他にトニー・ベネットやエンヤなど
大物セレブを紹介する動画がある。




で。
タカミユさんが疑問視されていたスティーヴのご自宅だが

うーん・・・・・・




うーーーーーん・・・・・・・・








真偽のほどは・・・・・・何とも言えない
というのが正直なところ、かなあ。

資産が45百万ドルというのも嘘か誠かわからないが
てかアメリカドルで言われたってピンとこないし
日本円に換算したらもっとピンとこないし
私ゃしがない凡人なもんで

スティーヴの性格を考えれば
極端な贅沢は好まないような気がするけれど
自宅にスタジオを持っているようなことも聞いたことがあるから
それを含めればあれだけの豪邸もあり得なくもないような。


結局はこの「Modern Trend Life」というユーザーと
彼らの扱う情報のソースがどこまで信用できるのか、ということなのだろう。
以前しぇり子さんが載せていた写真は私も見たけれど
それについてもやはり同じことが言えるわけで。
その意味ではどちらも完全にイーヴンですね。








link








車に関しては
昔中古のワーゲンに乗っていたというのを読んだことがあるので
最初に出たフォルクスワーゲンはもしかしたら実際のものなのかもしれない。
そう考えると、しぇり子さんの載せた家の写真も
実は以前住んでいたところだったという可能性も。



今夜眠る場所

また地面が大きく揺れている。

ここへ来てくださる方の中に
大阪北部とその周辺に住む方はいらっしゃるのだろうか。




せめて雨風を凌ぐことが出来ていますように。
何が起ころうとも明日は必ずやってきます。



a Classy Guy

先日読んだ記事。


https://www.wbab.com/entertainment/journey-says-steve-perry-classy-guy/y1I4WD3w93d2ke5x61eQMO/?ecmp=wbabfm_social_twitter_2014_sfp




スティーヴが昨年のセレモニーで歌わなかったことについて
真相はもちろん本人のみぞ知るところである。
先日コメント欄に出た
スティーヴらしい謙虚さというのもあるだろう。




ジョナサンがスティーヴとスティーヴのプライベートを尊重するように
スティーヴもまた現在のジャーニーを尊重し
同時に自分が在籍していた頃のジャーニーを尊重させてもらいたかったのかなあと。

それがスティーヴのささやかなプライドだったのかもしれない。
















link




ジョナサンもそのあたりを全て理解したうえで
「本人に聞け」と言っているんだと思うんですよ。
こういう関係が保たれているのなら
ジャーニーへの復帰なんて考える必要は全くない。
個人的にはそっとしておいてあげてほしい。



罪滅ぼし

まあ何かといぢりたくなるNくんではあるけれど
もちろんギタリストとして、というかミュージシャンとして
素晴らしい人だと思ふ。
スティーヴ自身「影響を受けた」と認めているしね。


歌唱の面で影響を受けたのがサム・クックだとすれば
ロックプレイで影響を与えたのがNくんということになるのだろう。
『Infinity』からのアルバム3作は二人が中心で曲作りをしたのだから。

ジャーニーという器の中では二人は音楽的に対等だったのだ。
















link
Rくん行方不明


Nくん、相変わらずうちわみたいなアタマしてるけど
これからはあんまりいぢらないから。




蛇足だけど
今年のツアーもスミスさん同行していますね。
よかった。



そんなところにいるのが悪い

スティーヴの写真を見つけるとつい保存してしまうのは日常茶飯事だが
気がつくとこんな写真が紛れていることもある。
















link
Nくん近すぎ


なーんでスティーヴより前に出てるんだ?




昼間会社での出来事にちょっと凹んだ日は
こういう八つ当たりをする相手を探したくなるってもんで。
そこにいるキミが悪いのよ(爆



Profile

misha

Author:misha
Gerard Butlerが好き
Steve Perryが好き
彼らの生き様に触れ己れを振り返り
ピアノを弾く私

好きなこと 読んだり聴いたり、それと猫
苦手なこと 予定調和的なこと

Calendar

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter