fc2ブログ

記事一覧

サラリーマンて

本日、正式に辞令が出た。
異動することになった。




私の隣の席の人が。


(^^;




今回イタいのは人員の補充がないこと。
隣の人と二人でこなしていた仕事を
11月からは私一人でしなくてはならない。 うげ
まーた忙しくなりそうだなあ。








link








ネットでスティーヴに関する新しい記事を見つけると嬉しくなるけれど
平日は目を通す時間もなかなか取れず
ゴハン食べたらもう眠くなっちゃって
とりあえずリンクをコピーしておいて
土日にまとめてチェックするパターンが続いている。
もう少しリアルタイムに読みたいわ。
たとえ内容は同じものばかりだとしても(笑)。
















明日は送別会です。
ココんとこお酒の席が続いてます。
やれやれ




link
つきあいってもんがあるのよ


スティーヴ、アタシの代わりに行ってきてよ、送別会。
これも仕事のうちとはいえ苦痛なのよん。



元気なGerryさん

スティーヴの新譜が無事に発売されて
きゃっきゃと騒いでいるが
一方でこちらも始まったので載せておかなくっちゃ。 うふ♪





原題「Den of Thieves」


・・・・・・てか
最近こういうアクションものが続いていますなあ。(^^;

この作品、日本では扱いが小さいんだよね。
都内の映画館は4か所だけだし、事前のトレイラーとかも
なーんか他とは違うような。


どちらかというと、こっちのほうが力が入っている気がする。

https://www.youtube.com/watch?v=mnP_z3qXDCQ
これもアクションね








何はともあれ今回はおひげのあるGerryさんなので
その点は嬉しい。 うふふ♪


link


でもさ
元気に駆けまわったり撃ち合うのもいいけどさ
いつぞやのあれはどうなったの?
あっちはいつ公開なの?



土曜日

昨日、社内研修のあと飲みに誘われ

misha、久しぶりに日付を越えて帰宅。(∋_∈)




でもって今日も飲み会とか(呆)
少しはトシを考えないといかんな。
今日も帰りは遅くなりまーす

スティーヴも精力的にプロモーション活動を続けているが
少しはトシを考え◎◆Φ〒★(以下自主規制








link




きっと
「Traces」を1人でも多くの人に知ってもらいたいというより
「Traces」にこめた想いを1人でも多くの人に知ってもらいたい
ということなのだろう。
そのようにして気持ちを吐き出すことが
スティーヴ自身の浄化につながるのだと思う。
















link


来週海の向こうではテレビでジャーニーの特番が放送されるようです。
ニッポンでもそういうのがもっと観られるといいのにね。



これだけは

ここまで引っ張って申し訳ない。








>今現在はジャーニーを完全に切り離して考えているのかもしれない


スティーヴはかつてジョン・ボン・ジョヴィに
「ジャーニーを脱退したことを後悔している」と
打ち明けたと言われている。

スティーヴなりに気持ちの整理をつけて今にいたるのかもしれないけれど
















link


ジャーニーにいたことまで後悔してほしくないし
様々な危機を乗り越えて1996年に
『One More』のような素晴らしい曲を生み出したことも忘れ去られたくない。


私が言いたいのはそれだけ。



特別な記念すべき日

てことで


「Traces」もいいけれど今夜はこれを。
私がジャーニーで3番目に好きな曲なのだから。



















この曲のイントロを聴くと今でも
心をざらっと少し手荒く撫でられたような緊張感が走る。

もう22年前なのね。




こういう曲は時代にのまれない。
色褪せない。



突発的な意見

「Traces」のリリースにあわせて掲載されている
スティーヴのインタビュー記事をチェックしていると
『1987年2月1日のRORライヴを最後にジャーニーを離れた』
という内容をよく目にする。
2月1日というとアンカレッジ?




スティーヴがインタビューで
当時の出来事全てを語ったわけではないだろうし
話したこと全てが記事になったわけでもないだろうし
逆に、触れていないのに憶測で書かれてしまったものもあるかもしれないけれど

ジャーニーを離れたなんて言い方をされると
じゃあ「Trial By Fire」は何だったのかと反論したくなる。
スティーヴにとってのジャーニーは1987年がピリオドとでも
言いたいのだろうか。
何だか揚げ足取りみたいだけどさ。


当時、スティーヴだって相当の覚悟をもってTBFに取り組んだはずだ。
それはタイトルにも表れているではないか。








link








今現在はジャーニーを完全に切り離して考えているのかもしれない。
それはそれでいい。
でもTBFを忘れてほしくない、と言いたい。
マスコミに対してね。


奇しくも明日10月22日は
「Trial By Fire」がリリースされた記念すべき日である。



10月5日のこと

10月5日(金)の帰り、通勤経路の途中にある
ディスクユニオン某店に寄ってみた。
お店に入った瞬間、スティーヴの声が聴こえた。
ああ、本当に今日発売されたんだなあと思った。

もう何度もネットで見たジャケットがちゃんと店頭に並んでいて
思わず手に取ってみたりなんかして。□ヽ(^^*)
買わないのに何をわざわざ寄り道してるんだろねアタシ。
家に帰れば注文したものが届いているはずだ。

別にポイントを使うわけでもなかったので密林にこだわることはなかったかな。
ここで買ってもよかったのかも・・・・・・と、その時うっすらと思った。
1時間後、うっすらが激しく変わる


家に着いて、今夜は腰を据えて聴くぞと思いながら郵便受けを開けたら








なかったんですよ。
届いていませんでしたのよ。








・・・・・・( ̄_ ̄;)
















なんで?

発売日に届くものなんじゃないの?
何のための予約なの?

国内盤なんだし








これまでにも密林で新譜を予約したことはあった。
ちゃんと当日届いたのでそういうものだと思っていた。




--




軽い怒りにまかせて書いてしまってそのまま放置していた。
今は自分でも苦笑いしながら読み返しているが。


実は10月5日には聴けなかったワタシ。
夜には聴けるとなーんの疑いもなく思っていたんだよねえ、あの日。








link
ちょっとどうしてくれるのさ


同様に密林に予約した方いらっしゃいますか?
いつ届きましたか?



オチは無理にでも明るく

てかさ
実はさ
やっぱりさ

スティーヴにしてみれば
昔あのおっきなアタマにいろいろ邪魔されたことを
いまだに根に持っているんだろか(違違違




もう懲り懲りさ ┐( ̄ヘ ̄)┌


とかなんとか言ってたりして。
















link
スティーヴ表情硬いよ


昔は一緒にもんじゃ焼きも食べたかもしれないのに(謎爆



本人が言うんだから

スティーヴは相変わらず自分に正直だ。
ニールと再びプレイすることはないとまたも断言した(苦笑)。
てか、インタビューするほうもまたそんなこと聞かなくたって。
もちろんみんなが知りたいことだとは思う。
だからファンを代表して突っ込んで聞くのかもしれないけどさ。

昨年のセレモニーで再会してハグし合ったけれど
それとこれとは別ってことか。

スティーヴにしてみればアーネルへの配慮もあるのだろう。
たとえジャーニーとは無関係に
ニール個人とのセッションという話題だとしてもね。
そういう点も含めてスティーヴにとってはもう耳タコなんじゃないかと、たぶん。








link








ちなみにジョナサンの本についても
「知ったことじゃない、聴かせてくれるな」と言った。
おそらく自分に関するエピソードも含まれていることは
容易に想像がつくのだろうけれど
自身の、特にセンシティブな内容について
他人の口からとやかく言われるのは誰だって気分のいいことではない。
それなら何も知らないほうがいい。

まあでも「イヤそうな顔をした」なんて記事に書かれちゃってたから
そこはそれ、も少しオトナになろうね。(^^;
スティーヴのことは言えませんぜ、自分
















link


先週も忙しくて平日はあまりスティーヴ関連の記事に目を通せなかった。
この週末やっと読んだものなので内容はもう遅いかもしれないな。



リセット

今日、発表会が終わってから初めての
ピアノのレッスンへ行ってきた。








link








本番の後、今年も某所でもう一度弾いた話をセンセにすると
来年は6月頃に弾きなさいと言われる。

「人前で一度弾いて、そこからまた練り直して本番に持っていくには
6月頃が一番いいと思うわ」

そうだよね。
ごもっとも。
・・・・・・いいリハーサルにはなるけど、それまでに仕上げるのが大変なのさ(涙)。




いつまでも本番の出来不出来に悩んでいても仕方がない。
下手を嘆いても何も変わらない。
上手くなるには練習するしかない。


弾くからには誰かに聴いてもらいたい。
スティーヴも音楽の世界に戻ってきた。
私だって頑張らないとね。
















link


久しぶりにレッスンへ行ったら
センセの前で弾く時の緊張感も懐かしかった。



Profile

misha

Author:misha
Gerard Butlerが好き
Steve Perryが好き
彼らの生き様に触れ己れを振り返り
ピアノを弾く私

好きなこと 読んだり聴いたり、それと猫
苦手なこと 予定調和的なこと

Calendar

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter