fc2ブログ

記事一覧

猫は環境の変化が苦手

自ブログをお持ちの皆様へ


なんか・・・・・・変わりました?
管理画面のホーム。
これ、ちょっと手がスベったとかマウスがあっちへ行ったとか
そんなことになったら大丈夫なんでしょうかね。








link
無責任に言うな


何かと不器用なmishaはそのうち何か
やらかすのではないかと心配です。
いきなりブログが変わっていたら教えてください。
タイトルとかプロフとか



美しい音楽

四連休中に1曲暗譜することを目標に立てて
今日何とかクリアできた(ほっ)。
こういうね、自分で何か課さないと
際限なくだらだらと過ごしてしまうんですよ私って。




「トシを取るにつれ暗譜能力が落ちる」
とあるピアニストさんが仰っていた。
いやホント、そのとおりですわ。

最近身に染みて思う。
暗譜ってこんなにしんどいものだったっけ?
ひとつひとつの音を意識して脳みそのひだに貼り付けていくような感じ。
若い頃はこんな感覚はなかったよなあ。


トシは取りたくない。
気持ちだけは初めてスティーヴに落ちたあの頃のままなんだけど。
















link


今、自分もそれなりにトシを取って
もちろんそのぶんスティーヴもトシを取ったけれど
どれだけ時間がすぎようと
音楽は変わらず深遠で手に負えず、美しい。

スティーヴの音楽も
シューベルトの音楽も。



ちょびっと再び

昨日、美容院へ行ってきた。
約6か月のサイクルで行くようになったなんて
私もオトナになったもんである(笑)。
美容院苦手


長さはこんな感じ。




link
mishaはこれにレイヤーが入る




いつもはアシスタントさんがシャンプーして
スタイリストさんがカットというパターンだったが
今回はスタイリストさんが最初から全て対応してくださった。
万一、感染者が発生した場合に濃厚接触者を特定できるよう
接触人数を最低限にしているんでしょうね。
美容院も大変だなあ。


できるだけおウチに、とも言われているが
今後再び緊急事態宣言が発令されたら
次はいつ行かれるかわからなくなるしね。




てことでさ
スティーヴもちょびっと切ってあげようか?
中村紘子さんも庄司さんの髪の毛を切ってあげていたらしいよ?

びゅりほー♪になるよきっと。








link


恥ずかしがり屋なんだからもぉ(はぁと)。



この誘惑は

月曜日、会社の帰りに八重洲BCへ寄った。




link


もう4日前になるのか。(^^;
連休中はお仕事に関連したお勉強もちょびっとしなくちゃならないし
新しい曲も暗譜しないといけないけれど
こちらも早く読みたい。
待ちきれない。



・・・・・・と、ここまで書いて
夕べは睡魔に負けた。
だってベッドが手招きを

『3日前』を『4日前』に訂正してアップいたします。m(_ _)m




それにしても東京は昨日の新規感染者が366人ですか。
都知事も外出自粛を要請しているのか何なのか
歯切れの悪い表現をしていたが
でもそういう言い方になっちゃうのも仕方がないよね。
はっきり自粛と言ってしまうと連休中の経済動向にダメージを与えてしまうし
それで苦しむ人達もいるわけだし。








link


梅雨も早く明けないかしら。



暑い

暑い。
梅雨はいつになったら明けるんだか。
トシとともに気温の変化に身体がついていかれなくなりますな。




スティーヴもさ、暑くなあい?
その髪の毛ちょびっと切ってあげようか?








link
はいそうですか


ロングヘアも楽じゃない。
お互いに。



わかっちゃいるけど

金曜日、社外の研修に参加した。
明日は出社したらボスに内容を報告しなければならない。
今日のうちに要点だけでもまとめておけば
明日楽なんだけど
ええ、わかっちゃいるんですけどね


早く『Suzanne』を聴きたくてたまらないんですよ。








link


最近報告書とかレポートとか(同じか)書くことが多い。
なのにブログを始めた当初の目的である文章上達はさっぱり。
相変わらず苦労している。
とほほのほ









12インチシングルのジャケットだぁ♪


これを聴いておやすみなさい。



一度おぼえたら

自転車って一度乗れるようになれば
身体が乗り方をおぼえていますよね?
しばらく乗らなかったからといって乗れなくなってしまって
また一から練習しなくっちゃ、なんてことはない。


音楽も同じことが言える

・・・・・・部分もある(笑)。




久しぶりに弾いた曲が
以前弾いた時のルバートの感覚を思い出せないのは
頭で考えることが先行して
身体でおぼえられなかったから

なのかなあ、と今日のレッスンで思ったり。
うまく言えないけれど、うーん




そうだ、スティーヴに聞いてみよう。
困った時はスティーヴに聞け

ねえねえスティーヴ
スティーヴもさ、何というか
ルバートを探るようなことってあるのかな?








link
久しぶりに登場したなこのスティーヴ


何だかわけのわからない文章ですね
すみません。
このトシになってもわらかないことだらけだ。
音楽は奥が深い。

発表会がなくなったので
今年の夏はピアノのおけーこものんびりモードである。



Nくんさがりなさいっ!

家に帰ったらとうもろこしが茹でてあった。
母が「初物よ」と言う。
甘くて美味しかった。

初物とか、母はそういうものにこだわる人である。
豪雨で避難所に身を寄せる人達がいる一方で
そういうものを普通に買って味わえるのは贅沢なことだなと
少し身を縮こませて思う。

炊き出しや食料の差し入れも
この時期は気をつけないと怖いですね。








link
・・・・・・(-"-;


まあこんなふうにNくんをいぢっていられるのも平和な証拠だ(笑)。
当たり前に雨風がしのげて自宅で眠れるのがいかに有り難いことか。
被災された方々が一日も早く日常を取り戻せるよう祈ります。
まずは自分のお身体を一番に。



敬意

曲を見直そうと決めてピアノの練習をしていたら
あっと言う間に一日がすぎてしまった。

ささやかだけれどまた新しい気づきを得た。
だから音楽は無限に面白い。








link


もちろんスティーヴは名曲をつくった自分に敬意を表せとか
そんなことは言ったりしないだろうけれど

素直に自分の想いを主張してくれる人だ。
それが嬉しい。



曲は誰のもの

『Don't Stop Believin'』はドラマやその他
様々なシーンで使用されてきた。
それは皆がいい曲だと思うからだろう。

いい曲だと思うところは
歌詞に共感したとかメロディがいいとか
いろいろあるだろうけれど、それを
しかるべきシチュエーションでしかるべき演奏で聴くから
なのだと思う。


スティーヴやジョナサンの中にイメージしたものが曲となった。
つくった人には「こういう世界を感じてほしい」という想いがあるはず。








先日の文章を書いた後、ずっともやもやと考え続けていた。
ピアノも同じなんだなあって。

作曲家の想いを置き去りにして自分の感覚を先行させるなんて
何という傲慢なのだろう。
まるで某大統領と同じではないか。
解釈などと言えば聞こえはいいけれど、それを深く考えるあまり
最も尊重すべきことから知らないうちに離れてしまうとしたら

そう思うと
曲をまた一から見直さなくてはと背中をのばす。
今さらながらセンセの教えが心に響く。








link




この話は
思いがけず私への戒めともなったニュースだった。



Profile

misha

Author:misha
Gerard Butlerが好き
Steve Perryが好き
彼らの生き様に触れ己れを振り返り
ピアノを弾く私

好きなこと 読んだり聴いたり、それと猫
苦手なこと 予定調和的なこと

Calendar

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter