fc2ブログ

記事一覧

いつも通る道

うん、だいぶまとまってきたなと思ったのに
たった1時間のレッスンであちこちダメ出しされて
ふりだしに戻るという

まあいつものパターンですけどね。
本番前によくあることですわ。








link
細長いスティーヴ(ちと画像荒いね)




危うく道を逸れそうになっていたのを
軌道修正していただいたんだから有り難いことです。
これが本番前日とかでなくて良かったではないかと
自分に言い聞かせているけれど


ピアノのレッスンなんてこんなことの繰り返しですわ。(^^;



寄る年波

本番が近づきつつあるので、平日も帰宅してから
頑張って練習に励んでいるのだが・・・・・・結構キツいっすね。(^^;
1時間がやっとという感じ。
もうトシね(涙


発表会も早く終わらないかな、なんて罪なことを思ってしまふ。
終わったら思いっきりだらだらしてやるんだっ。 ふんっ








link




でもこうしてトシのことを考えると
スティーヴにライヴを望むのはやっぱり酷なのかもしれない。
自分だってこんなにトシとって体力落ちているのに
スティーヴだったらますます◆Ю☆♂@(げほごほ


今願うのはスティーヴが元気で毎日を楽しんでくれることです。
ホントに。



いつも目の前にいる

私達のささやかな発表会が無事行われるのかわからないけれど
たとえ今年も中止になったとしても
ピアノを通して歌うこと、表現することへの追求は変わらない。
そして

いつも表現について考えるきっかけを与えてくれるのは








link


やはりスティーヴの歌であり、スティーヴの姿勢なのだ。
音楽に、スティーヴに感謝の念を。



誰もが緊急事態のはずなのに

本日、東京都内の感染者は1763人だそうで。
気になるのは明後日の数字ですな。

いくら反対しても始まってしまったら騒いでも仕方がない。
五輪の影響で今後感染者数がどうなっていくのかわからないが
いや予想はつくけどさ

数字次第では民間の各種イベントが規制されることになるかもしれない。
来月発表会を控えている者としては
無事に弾けることを願うのみである。
これでもし中止になったらさ、誰も納得しないよ?
何で五輪はOKで私達はNGなの?・・・・・・ってね。








link
今日も暑かったねぃ




かーさんの2回目のワクチン接種から
一週間が経過した。
そろそろ効力が表れる頃らしい。
まあよかったですよ、この混乱のタイミングに間に合って。



好きなことをしてすごす夜

いやー、4連休ありがたいですね。
普段の練習不足を補えるんだから。

昨日も今日も一歩も外へ出ずに弾きこもり。
だって世の中緊急事態宣言じゃん
ピアノ弾いて、飽きたら動画なんぞ観て
いつもどおりの休日を過ごしております。








link
おぢーちゃんの貫禄




なのでブログに書くような出来事もないけどねっ。



1回目2日後

今朝目がさめたら思いのほかすっきり。
ダルくて疲れていたせいかゆうべはよく眠れたし
筋肉痛も左肩以外はほとんど消えていた。

夕方、また少し倦怠感が復帰したけれど
昨日ほどではなく、熱も出なかった。
もう大丈夫そうだな。
うむ。








link




問題は2回目だよね。
巷の噂では2回目のほうがキツいという人が多いらしい。
その時はまた記録する予定。

ワクチンを接種したからといって油断はできませんよね。
皆さんもどうぞお気をつけて。



1回目1日後

朝起きると筋肉痛。
左腕、というより左の脇の下から背中にかけて。
針を刺した箇所はそれほど痛くもないし腫れてもいなかった。


会社へ出勤。
午後になると筋肉痛が肩や背中など広範囲にわたり
風邪をひいた時の関節痛のようになる。
痛みが拡がるにつれ倦怠感も増大し








link




19時すぎ、帰宅して熱を測ったら37度だった。
今夜は早く寝ますわ。




注射痕に貼ったパッチっていつ剥がせばいいのか
地味に悩むよね。(^^;



1回目

本日、有休を取得。
1回目のワクチン接種に行ってきた。
母はもう2回接種済








link




現在、早くも左腕がちょっとこわばってきたような。
「明日になったら腕が筋肉痛のようになるかもしれないですよー」
と問診の時にも言われたけれど、これからじわじわと波が寄せるのだろうか。
明日はどうなるんかなー。

これから接種される方へ少しでも参考になれば。(^^;



1100

歌うことについて

そういえば先日こんな記事が。
https://news.yahoo.co.jp/articles/17a2068642c4e4e02f07c33e03ef256adfd02146


方々から批判が集まっているようだが
個人的には完全な否定もできないかなとも思う。
あ、差別を肯定しているのではありませんよ(苦笑)。




西洋音楽を東洋人が学ぶとなると、西洋人と比較して
目に見えない壁ってやっぱりあるんじゃないかなあと思ってしまう。
文化とかそんなカッコつけたものではなく
日常の生活習慣からして東洋と西洋ではあれこれ異なるのだから。
そういうちょっとしたことも影響するくらい、音楽は身近でセンシティブなもの。
だからこそ、この記事のお偉いサンのような言い方は
いかがなものかと思いますけどね。








link








歌ったことのない人なんているのだろうか。
いや、問いを変えよう。
じゃあ西洋人は皆、何の努力もなく歌っているとでも?
そういうDNAを持っているから歌えるというのか?

歌うことについて悩む人へこれほど侮辱的な仕打ちもない。



歌うことが

歌うことについて
緊張というものについて

本番が近づくといつも悩む。
今日もレッスンでいろいろ言われたわけですけどね。




当たり前のことだが、歌は息が続かなければ長いフレーズは歌えない。
その点ピアノはどこまでをひと息とするか自由だけれど
フレーズを長く保つのがこんなにも難しいとは

このトシになってあらためて悩む。








link




それならいっそ歌のように身体的な限界の中で歌えることのほうが
よほど楽なんじゃないかと思ったり。

・・・・・・なんて言ったらスティーヴにむっとされそう。
歌だって大変なんだよっ!!
とか言われたりしてね(笑)。



Profile

misha

Author:misha
Gerard Butlerが好き
Steve Perryが好き
彼らの生き様に触れ己れを振り返り
ピアノを弾く私

好きなこと 読んだり聴いたり、それと猫
苦手なこと 予定調和的なこと

Calendar

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter