fc2ブログ

記事一覧

新しい世界を






皆さんはもうお聴きになりましたか?
なりましたよね?
もう数日経っていますから。

個人的にはとーっても素敵なリメイクだと思うのですが
いかがでしょう?
ぜひいろいろな意見をお聞きしたいです。




昨年の「Separate Ways」は
正直言って、あまりピンと来なかったんですけどね。
これは、新しい世界が広がる感じがしていいなと。




ちょっと、寝る前にもう一度聴こう。



東欧の空気

10月21日(土)に行ったリサイタルの記録。




≪プログラム≫
チャイコフスキー:「眠りの森の美女」 Op.66よりワルツ
ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲 Op.43
ラフマニノフ:交響曲第2番 Op.27


ピアノは森本隼太さん。
舞台慣れしていないようなひょこひょことした歩き方を見て
思わず微笑ましくなる。
プロフィールを見ると2004年生まれと書いてある。
えーっと、今年は何年だっけ・・・・・・

Σ(ノ°▽°)ノ

あどけないというか何というか(笑)。
でも実際演奏が始まると、その高い音楽性にまたも驚く。
ラフマニノフを弾くには、やや線が細いという印象もなくはないけれど
のびのびとした歌い方はすんなり聴き入れられる。
ちなみにアンコールはスクリャービンの「焔に向かって」だった。
やっぱりロシアものが得意なんでしょうね。
むしろ、スクリャービンのほうが合っているかも。








link




後半もラフマニノフだったが、ちと重かったかな。(^^;
ラフマニノフの交響曲は重厚感たっぷりで好きだけれど
全楽章で約1時間かかるのは、聴くほうも体力が要る。
実際、母はだいぶ疲れたようだった。


こうして時々ロシアものを聴くと
やっぱりあの東欧の雰囲気っていいよなあと思う。
自分には難しいからこその憧れがあるのだ。



どうせ秋の夜長なんだからコーヒーくらい

今日ピアノのおけーこがあるとわかっていながら
昨日飲みに行ってしまったので
今さらここに書くことは何もないけれど
会社員はツラいよねえホント




明日はおけーこのおさらいもしなくちゃいけないし
久しぶりにPCを持って帰ってきたので仕事もしなくちゃいけない。

本当は一日ベッドにもぐって
スティーヴを聴いて本を読んでを繰り返したい。
ぐうたらとも言う








link




10月も下旬というのに暖かい日が多いけれど
夜はちと肌寒いと感じるようになった。
寝る前だけど熱いコーヒーを飲んでしまう。

おぢーちゃんも、もうそんな脛を出して
歩いていちゃいけませんよ。



まずいよ

どうも最近、やる気が起きない。
仕事もピアノも。

今度の土曜日はおけーこなのに
どうしたものか。
練習しなくちゃと自分を奮い立たせようとするも
集中力も根気も続かない。








link




やる気はどこに転がっているんでしょうね。

とりあえず明日は会議が2つ入っている。
何とか乗り越えなければ。



雨に遭う

link




ひょこ。
何だか、街頭ロケのテレビカメラに不意に顔を出す
いたずらっ子のようだ。




今日は昼間ちょっとお出かけしてきた。
土曜日にピアノのおけーこ以外で外出なんて
滅多にないことである。
案の定、帰りはにわか雨(笑)。



前へ

先日、シフのリサイタルについての文章を書く時に
昨年の文章もあらためて目を通した。

シューベルトの959について
『ベートーヴェンの影響を受けて力強いながらもどこか遠く儚い』
と書いていたんですね、ワタシ。

うん、たしかにベートーヴェンの影響を受けた部分は
少なからずあると思う。
でも今は、959は完全にシューベルトの世界だと断言できる。

影響を受けてその上に重なったのではなく
影響を受けて新しく開けた世界に足を踏み入れたのだなと。








link




今回はシューベルトは選曲されなかったけれど
一年の間に私も一歩だけ進んだのかもしれない。



この夜も

10月1日(日)、アンドラーシュ・シフのリサイタルへ。




≪プログラム≫
バッハ:ゴルドベルグ変奏曲 BWV988 アリア
バッハ:フランス組曲第5番 BWV816
モーツァルト:アイネ・クライネ・ジーク K574
ブラームス:インテルメッツォ Op.117
ブラームス:インテルメッツォ Op.118-2
シューマン:ダヴィッド同盟舞曲集 Op.6
バッハ:半音階的幻想曲とフーガ BWV903
メンデルスゾーン:厳格な変奏曲Op.54
ベートーヴェン:ソナタ第17番 Op.31-2

(アンコール)
バッハ:イタリア協奏曲 BWV971 第一楽章
モーツァルト:ソナタ第15番 K545 第一楽章
シューマン:楽しき農夫




今回も、当日ステージ上でシフご本人が
トークを交えながら演奏曲を発表していくスタイル。

前回聴いた曲もいくつかある。
レパートリーの幅についての考え方はそれぞれ。
広く手掛けるピアニストもいれば、一定の範囲に集中するピアニストもいる。
シフはあきらかに後者のタイプ。
いろいろな作曲家を弾きこなすより、実はずっと難しい。
それだけ自らの信念に揺るぎがないということなのだろうか。


ベートーヴェンの17番のソナタについて、シフは
「多くのピアニストは第三楽章が速すぎる。これはアレグレットだ」
と話していた。
たしかに、シフの第三楽章は気持ち抑えられたテンポ。
それだけに崇高な雰囲気を醸し出している。
前回よりもさらに深みが増している。
何というのかな、こう・・・、うん、何者も寄せつけないような。
孤高で静謐なテンペストだった。


全ての曲について書いていたらきりがないけれど
ダヴィッド同盟が聴けたのはラッキーだった。
シフのシューマンもやっぱり大好き。








link








前回は午後7時開演で終わったのが10時半だったので
今回は午後5時開演の日曜日のチケットを取ったのだが
終わったのは8時半。
やっぱりそうなるか。( ̄∇ ̄;


とても贅沢な3時間半だった。
もし次の機会があって、またテンペストが聴けるならどんなにいいだろうと
今から勝手に想いを馳せている。



5回目2日後

腕がまだ痛い。
針を刺したところ。

筋肉注射なんだからと言われたら
まあそうですねと言うけれど

さっきもシャワーを浴びている時
無意識にごしごしと擦って
いたたっ!と顔をしかめた。


このトシになっても注射はイヤなもんです。








link




スティーヴは二の腕も美しい。 もちもちー
スティーヴはワクチン接種したのかしら。
その腕にちくりと針を刺した看護師は一体どなたかしら。
おぼえてろよ



5回目1日後

本日起床時の体温37.0度。
前回も翌日はこのくらいだったような。
微熱と言える数字かもしれないけれど
私は普段から平熱が高め。
ちょっとだるいなと思うと37度だったりするので
気に病むレベルではない。


昼間はかーさんにつきあってお出かけもして
元気に過ごしました。
てか、今日は寒かったっすよ東京は。








link




実際、皆さんはどうなんですかね、ワクチン接種。
そろそろ、もう(受けなくても)いいかなという人もいらっしゃるんですかね?
私は、しないよりはしておいたほうが・・・と思ったのと
今回も(今回まで?)無料というので受けたけれど。

あ、腕は今もまだ痛いです。
これはほぼ毎回ですね。

さっきビールも飲んだし(笑)
普通に元気です。


明日は会社だー。
会議も2つだー。 うげ



5回目

はい。
本日5回目のワクチン接種に行ってまいりました。

予約した午前10時より10分以上早く着いてしまったが
すぐに受付に案内され、あっという間にちくり。
今回は針を刺しているのも短かったような。
今回のワクチンは接種量も少ないとか?
ちなみにP社のオミクロン株XBB.1.5です。








link




夕方になって、少し腕が痛くなってきたかな。
気になるほどではないけれど。
問題は明日ですね。
倦怠感や発熱があるか。


今日はビールも飲めないので つまらん
早めに寝てしまふ。



Profile

misha

Author:misha
Gerard Butlerが好き
Steve Perryが好き
彼らの生き様に触れ己れを振り返り
ピアノを弾く私

好きなこと 読んだり聴いたり、それと猫
苦手なこと 予定調和的なこと

Calendar

09 | 2023/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter