FC2ブログ

記事一覧

気難しい楽器、と鍵

「今年は猛暑で部屋に熱気がこもったり
それをエアコンで急激に冷やしたりするもんだからピアノにも良くないわね」
とセンセがため息をつきながら仰った。
昨日のレッスンでの話。
たしかに昨日センセのピアノはキーによって
アクションにずいぶんバラつきがあってコントロールに苦労したのだが

「でも本番当日のピアノだって同じよ。
天候にもよるし観客が入るとリハーサルとはまた違ってくるし」
とキリッと顔の表情を変えて続ける。
そうなんだよね。
ちょっとしたことでピアノの音はすぐに変わる。


ピアノ弾きは楽器を選べない。
そこに置かれたピアノを弾くしかない。
まれに自分で指定したピアノを運び入れるピアニストもいるけれど
そんなのはそういうことが許されるような人だけ。
・・・・・・ジョナサンもそうでしたね(笑)。
さすが大物w




こんなことを考え始めると
歌はいいよなあ、常に自分の身体から出せるんだからとつい思ってしまうが
「こっちだって苦労はあるんだよ!」という
誰かさんの声が聞こえてきそう。

コンディションを保つのは共通した悩みです、はい。
















link
ごめんごめん
















そういえば、子供の頃
なぜピアノに鍵がついているのか不思議だった。
小さい子供がいたずらをして蓋がばたんと閉じてしまうと危ないから
というのを後から聞いたことがある。
でも、せっかく子供の興味がピアノに向かった時に鍵がかかっていると
自由に触る機会を奪ってしまっているようでちょっと残念な気もする。
遊び弾きでもいいから好きに触らせてあげればいい。
その中で、ふざけていると危ないこともあるということも自然に学んでいくのだ。




と、大人になった今はそう思うけれど。

ちなみに、私がピアノを始めた時に買ってもらったアップライトには
鍵はついていなかったと思う。
友だちの家へ遊びに行くと鍵のついたピアノがあって
それだけで何だかウチのより高級品に見えて内心羨ましかったりして。(^^;


あ、今のくじらさんにはついてますよ。
高級品じゃないけど。








link
冗談よ、冗談

鍵なんてかけたことは一度もないけどね。



コメント

No title

こんばんは^^
ギターに比べると、ピアノはコンディションを
維持するのが、難しい楽器ですね。
リペアショップに持ち込んで、調整してもらうとかは、
出来ないし、調律が不十分でも弾かないといけない
場面もあると思います。
以前、子供の発表会で、 ピアノ自体の音程が
違う時があって^^;
息子に聞いたら、先生も気付いていたらしく、
間に合わないから、そのまま押し切ったらしです^^;
気温も安定しやすい、秋が待ち遠しいですね^^

Re: No title

ポテチG#さん

せっかくの舞台なのに、音程が狂ったまま
弾かなくてはならなかったのは残念でしたね。
何より弾く側が違和感が強くて疲れるだろうと思います。
ピアノは調律師さんに来ていただかないとどうにもならないので
調律師さんには頭が上がりません。
うちのくじらさんも何とかこの猛暑を乗りきってもらいたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

misha

Author:misha
Gerard Butlerが好き
Steve Perryが好き
彼らの生き様に触れ己れを振り返り
ピアノを弾く私

好きなこと 読んだり聴いたり、それと猫
苦手なこと 予定調和的なこと

Calendar

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter