FC2ブログ

記事一覧

ゆるりと続ける道を

そう、だからねスティーヴ
ライヴを敢行するのもいいけれど
楽に歌える形を選択すればいいと思うんですよ。

調子のいい時にスタジオに入ってレコーディングする。
実際、「Traces」だって遠からずそんなふうにして
出来上がったのではないだろうか。


レコーディングは体調を見ながら少しずつ録ることもできるが
さすがにライヴは通しの一発勝負である。








かのグレン・グールドは
晩年リサイタルを、いわゆる生演奏を頑なに拒んだ。
その気持ちはわからなくもない。
アタシごときに同意されたくないだろうが

一方ラドゥ・ルプーは
今後レコーディングは行わないと宣言したという話を聞いたことがある。
こちらも自身の演奏に対する姿勢というか、そういうものが見えてくるようで。


これはね、どちらがいいとかどちらに共感するとかを
言っているわけではないですよもちろん。
各々自分の音楽を発表する手段について考え抜いた末の結論であり
観客が意見できることではない。
どちらも素晴らしいピアニストであり、私はどちらも好きだ。




本当にスティーヴは今後についてどう考えているんでしょうね。
個人的には4枚目のアルバム制作に取りかかるなんてのも悪くないと思うが(笑)








link
この頃のように


やっぱりね、息長く歌ってもらいたいのでね。



コメント

No title

こんばんは^^
misha様のお言葉の意味、
伝わってきます^^
形はどうあれ、出来る限り、
現役であり続けて
欲しいですよね。
私も、ファンの一人として、
まだ夢を見ていたいです^^

Re: No title

ポテチG#さん

スティーヴが歌いたいという気持ちを持ち続けてくれれば
その形はどんなものでもいいと思う一方で
新譜を待つ楽しみも要求してしまうというか・・・。
ファンなんて我儘なものですから(私だけ?)
都合よく考えてしまいます。(^^;)

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

misha

Author:misha
Gerard Butlerが好き
Steve Perryが好き
彼らの生き様に触れ己れを振り返り
ピアノを弾く私

好きなこと 読んだり聴いたり、それと猫
苦手なこと 予定調和的なこと

Calendar

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter